『増山としかずと日本の未来を考えよう!』- 1号:日本の常識と世界の常識

増山としかず事務所からのお知らせです。

日刊総合経済紙「フジサンケイビジネスアイ」の連載コラムですが、
今年から、タイトルを『増山としかずと日本の未来を考えよう!』へと変更しました。

掲載曜日も水曜日から火曜日に変更となりました。
隔週火曜日に掲載されます。
皆様に新しい視点をご提供できるようなコラムを執筆して参りたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、増山としかず の『増山としかずと日本の未来を考えよう!』の第1号の紹介です。

『増山としかずと日本の未来を考えよう!』第1号 (2018/01/16) - 日本の常識と世界の常識

 

平成30年新しい年が明けました。
皆さまどんな幕開けを迎えられたのでしょうか。
平成も30年が経ち、残すところ一年余りの最終段階の年になります。
この平成は、私が働き始めての期間とほぼ重なります。この間、日本経済は天井から底へ、そして今は、戦後最長の安定市場を遂げています。
そんな時代を見て、経験してきました。
この平成を自分なりに句読点を打って、区切りをつけて新たな時代に備えるそんな一年にしたいと考えています。
ぜひ皆様もそれぞれの平成時代を振り返り、新たな時代に向けての飛躍台の年になられることを心から祈念申し上げます。

さて今年からは、コラム内容も今までとはまた違う視点から、タイトルも『増山としかずと日本の未来を考えよう!』へと変更し、心機一転皆さまと共に駆け抜ける一年にしていきます!

 

私は、これまで世界60カ国以上の国を訪問して仕事をしてきました。
そしてつくづく感じることは「日本の常識は必ずしも世界の常識ではない」ということなのです。

最近特に感じる例を二つご紹介しましょう。

まず一つ目は、パソコンのつかい方についてです。
なぜか我々はいつの間にか、ワードやエクセルなどのパッケージソフト、ソフト市場のシェアを占める有名なソフトを使い、それを使いこなせることこそがIT能力だと思い込んでいるところがあるようです。

外国人と仕事をすればよく分かりますが、彼らはパソコンは単なる道具と認識して、自分たちのアイデアを見える形にする、計算をいかに早く簡単にできるかという視点で使いこなします。

その結果使うソフトは、パッケージソフトのブランドを選ぶのではなく、目的に応じてOS(パソコンの基本ソフト)はLinuxをはじめソフトも無償のオープンソフトを気軽に使っているのです。

コストの面でいっても確かにソフトの値段が高く定期的にバージョンアップするたびに更新、買い替えをしなければならないソフトは、使い勝手が悪いところがあります。それならLinuxのようなオープンソフトで世界中の優秀な学者がこぞっていつも更新してくれているソフトの方がはるかに優れた面があるのです。

政府は子供たちへのコンピューター教育を義務教育にしようとしています。
その際、絶対にあってはならないと思うのは、子供たちに既存の特定の一見使い勝手のよいソフトを使いこなすことがコンピューター教育だと早とちりをさせないことです。

そんなことでは日本の先をいくIT先進国に置いてけぼりにされてしまいます。

第二の例です。
最近、外国の方と仕事をする機会が多いのです。
実は、机を並べ、一緒に仕事をするのは初めての経験です。その時に実感したことです。

仕事を終え、帰宅前には机を綺麗にかたづける、それは社会人としては当たり前のことかと思いきや、しかし、違うのです。会社の資料を机上に出しっぱなしにして帰ることはさすがにないのですが、私物を机の上に置き散らかして平気で帰るのです。
そして、綺麗(?)になった私の机まで占領してくるのです。
外国人にとっては日本式の大部屋で仕事をするのに戸惑いや窮屈さがあるのでしょうか。
しかし、勝手に私の場所を占領するとは!!
あるとき抗議してみたのです。
すると空いているから使ったまでだと、何が問題かピンときていないのです。

その時思ったのです。
後の人のために綺麗にしておく日本人、綺麗にしていると取られてしまう外国人、やはり戦乱が絶えない国からの文化と日本の文化との違い、観点の違いかと。

しかし、これからの日本は世界で戦わなければいけません。

綺麗にしておいてもしっかり占領されないように端に花でも置いておくことをお勧めします。

 


フジサンケイビジネスアイ様のご協力で当ホームページでも紹介しております。

『増山としかずと日本の未来を考えよう!』コラムは隔週火曜日に掲載されます。

定期購読紙ですが、このほかに都内の一部ファミリーマートでも購入できます。
定期購読紙のお申し込みはインターネット、またはフリーダイヤル0120-34-4646(24時間受付)にてできます。(月額4,320円税込)

『全国の中小企業を“本気”で応援、“本気”で元気にするべく、ペンでも“本気”で情報発信しています。是非、私の思いを読んでください!
そして紙面だけではなく、電子版掲載予定で動いております!』