増山としかずの小説Biography of Masuyama Toshikazu

増山としかずから

[夜明け前 増山としかずストーリーについて]

大下英治 著 夜明け前-増山としかずストーリー-

夜明け前 増山としかずストーリー

大下英治 著

参院選への挑戦から、生い立ち、政治活動について増山としかずストーリーが一冊の本に。第14章にわたる、様々な想いが書かれています。情熱(パッション)の男、増山としかずここにあり。

ご希望の方はこちらまで!

著名プロフィール

大下 英治(おおした えいじ)

大下 英治(おおした えいじ)

1944年6月7日、広島県に生まれる。1968年3月、広島大学文学部仏文科卒業。1970年、週刊文春の記者となる。記者時代「小説電通」(徳間文庫)を発表し、作家デビュー。さらに月刊「文藝春秋」に発表した「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が反響を呼び、岡田社長退陣のきっかけとなった。1983年、週刊文春を離れ、作家として政財官界から芸能、犯罪、社会問題まで幅広いジャンルで創作活動をつづけている。

ご希望の方はこちらまで!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket