メールマガジン第100号:「価値観を変えて儲かる中小企業へ」

2019年8月22日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.100

増 山 と し か ず メ ー ル マ ガ ジ ン

日本をもっと強くしなやかにしたい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おかげ様で私のメールマガジンも【100回目】を迎えました。
かかさずに読んでくださった皆さま、ありがとうございます。

溢れる思いをかたちにしたいと【AI(愛)ある自頭を持つ!】を今年2月に発売し、たくさんのメッセージをいただきました。
まだ読んでいらっしゃらない方は是非読んでみて下さい。

新しい時代をともに生きていく仲間として、私のメッセージが少しでもお役に立てればと、これからも書き綴っていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

また、皆さまからのご意見などのフィードバックをいただけると大変ありがたいです。
是非お寄せください。

 

───────────────────────────
■ 価値観を変えて儲かる中小企業へ ■
───────────────────────────

先月末、新聞社より日本の中小企業の活性化などの取材を受けました。
そこで今一度、中小企業だからこそできる変革について考えてみました。

 

少子高齢化や人口減少により経営環境が厳しくなっていく中で、売り上げを増やし、儲ける力を強くしていくことは、特に中小企業にとって至難の業です。
10月からは、消費税が10%に引き上げられ、さらに軽減税率という新しい税制度も導入されます。

 

私は以前から、IT、特にAI(人工知能)を使った方法に変えることが売り上げや収益率向上に不可欠と指摘しています。

しかし、AIを安易に導入して、過去のビッグデータだけを分析し、予測するだけでは他の競争者と同じになり、最終的に価格競争に終わってしまいます。
ではどうすればいいのでしょうか。

それは、「価値観を変える。座標軸を変える」をプラスすることで、ふとしたきっかけから誰でも優秀な経営者になれるのです。

 

例えば、ダイソンやiRobotのような欧米の掃除機が日本で勝てると一体だれが予想していたでしょうか。
なぜ、彼らが競争に勝ったのか。しかも高い値段で!?
機能性だけならば、日本メーカーの掃除機の方がはるかに軽くて、吸引力も良く省エネです。
しかし、消費者のニーズは吸引力だけではなく、吸塵力。つまり埃を吸い取るのを傍で見たいという価値。
あるいは、自分が休んでいる間に誰かに掃除をやって欲しいという密かな価値を作り出したからなのです。
価値観は大きく変えなくても、少し視点をずらすだけ、あるいは思い込みを修正して原点に立ち返ることで大きな効果があらわれる場合があります。

日頃から顧客と接している中小企業こそが、価値観を変えて消費者の隠れたニーズをくみ取れるのです。

 

ある山間の寂れたシャッター通り商店街です。
どんどん歯抜けとなり、シャッターが下りたままの店か、空き地となり駐車場へ変化するだけのそんな寂れた商店街を活性化するために何をするか、地元の人々がいろいろと考えました。
しかしいい知恵が出ません。
そんな中、ふと「久しぶりに姿造りの刺身が食べたいな!」と言った方がいました。
確かに魚屋はこの商店街からなくなってもう十数年。
今では、スーパーでパックに入り、最近では一人用まで売っています。
不自由のないそんな中で、尾頭付きの姿造りを食べたいというニーズがあるとはわかりませんでした。

そこからです、軽トラ市が立つようになったのは。
この街だけでなく近隣の街にまで声をかけて、駐車場に軽トラを連ね、月に数回「軽トラ魚市」が立つようになりました。
あえて目の前で魚をさばき、希望者には軽トラでお届けもします。
魚市が売れ始めると、野菜市が立ち、そしてお惣菜、スイーツも売れ始めます。
こうしてこの商店街は売り上げを伸ばし、儲ける力が全体としてアップしたのです。

やがて商店街では、シャッターを開ける店。
店舗を若者に貸し出す店なども出てきました。
最近は、カーシェア―をはじめとする様々な形態の「シェアー」が増えてきました。
眠っている商店街の間口をひろげ「シェアー」する方法もそのひとつかもしれません。

 

また、電子決済導入も新たな顧客獲得の手段に不可欠となります。
お財布を持たずとも、スマートフォン一台で買い物が出来る店が着々と増えてきています。

 

柔軟に小よく大を制する。
今の時代をうまく取り入れ、中小企業だからこそできる変革があります。

 

──────────────────────
■ SankeiBiz コラム掲載のお知らせ ■
──────────────────────
産経新聞グループの総合経済情報サイト「SankeiBiz(サンケイビズ)」に増山の記事が隔週掲載されております!

最新号は、
【中小企業へのエール】プラスチックごみ問題 一人一人がまずできることから

また、前号の記事も公開されていますので是非ご覧ください!
【中小企業へのエール】日本の技術戦略 特許、標準、独禁法の三角形を常に意識

SankeiBiz(サンケイビズ):https://www.sankeibiz.jp/

 

──────────────────────
■ 増山としかずからのお知らせ ■
──────────────────────
◎私の書籍【AI(愛)ある自頭を持つ!】
全国の書店やアマゾンKindleなどで是非手にして、ご感想などをお寄せくださると有り難いです。

office@masuyama-toshikazu.com

 

──────────────────────
[増山としかずメールマガジン『日本をもっと強くしなやかにしたい!』]

全国で勉強会、セミナー、講演会を行っております。
(テーマ例:人づくり、外国との関係など、再生可能エネルギーの普及、SDGS 関係など、ブロック技術の応用 など)
多様な分野よりお役立ち頂ける内容を開催しております。是非お問合せください。
詳細はこちらから:増山としかずセミナー

○書籍【AI(愛)ある自頭を持つ!】ただ今絶賛発売中
○今まで掲載のメールマガジンはこちら

【お問い合わせ】
お問い合わせの際はこちらから、また下記メールアドレスまでご連絡くださいますようお願いいたします。
またメールマガジン購読解除はこちらからお願いします。

【発行】
増山としかず事務所
TEL:03-6303-3056
Mail:office@masuyama-toshikazu.com
HP:https://masuyama-toshikazu.com/

Facebookもやっています!

Copyright(C)2019 増山としかず事務所 掲載記事の無断転載を禁じます。
──────────────────────