メールマガジン第129号:「たゆたえども沈まず」

2020年10月1日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.129

増 山 と し か ず メ ー ル マ ガ ジ ン

日本をもっと強くしなやかにしたい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

───────────────────────────
■ たゆたえども沈まず ■
───────────────────────────

セーヌ川のほとり。
ノートルダム大聖堂のすぐ近くに立つパリ市庁舎に、帆掛け船をあしらった大きな紋章が正面を飾っている。

紋章のデザインの中には、ラテン語で「FLUCTUAT NEC MERGITUR」と書いてある。

意味することは、パリを船に喩えて“大きく揺れはするが、決して沈まない”という意味である。

 

これは、パリの歴史に基づいている。

長い歴史の中で、多くの戦乱に明け暮れたパリ。
第二次世界大戦の際にはナチス率いるドイツ軍に占領され、4年間も蹂躙(じゅうりん)されていた。

そして今も、多くのテロの標的となり、最近ではコロナによって、街の機能はロックダウンを余儀なくされた。
海外からの観光客も途絶えて、経済的に大きな痛手を負っているのである。

 

それでもパリに住む人々は、どんなに揺れても、決して沈まず、前に進むのだと固く信じている。

様々な困難が山積している今だからこそ、この言葉がすべての人の心に響く。

この言葉には、「たゆたえども沈まず」という日本語の名訳がある。
原田マハさんが、19世紀の不遇の巨匠ゴッホを題材に著した本の題名として有名になった。

 

つらいときは存分に泣けばいい。
沈みさえしなければ、いつかまた前に進むことができる。

幾多の苦渋をなめたパリだからこそ生み出したこの言葉は、私たちに、そしてすべての経営者の心に、深みのある言葉として響くのではないだろうか。

 

たゆたえども沈まず、前に進もう!

 

──────────────────────
■ ZUVA TV出演のお知らせ ■
──────────────────────
私がコメンテーターとして出演しましたインターネットTV【Zuva TV】の、新しいニュースのお届けです。

お相手は、日本やニューヨークでもアナウンサーとして活動されている“佐々木真奈美さん”。
今回は「半導体産業」を巡り、過去・現在・未来の話へと展開。
是非ご視聴ください!

 

【米中貿易戦争】かつての日本も対立していた!半導体産業を巡る戦い<過去・前編>

【半導体戦争】日米対立の行方は?日本がトップをキープできなかった理由<過去・後編>

【半導体業界】王者IntelをNVIDIAが追い抜く!交代劇の裏側とは?<現在編>

【自動運転・MaaS】intelとFord提携から見る半導体産業のこれから<未来編>

チャンネル登録お願いします!

 

Zuva株式会社 ←こちらもあわせてご覧ください!

 

──────────────────────
■ 新刊お知らせ ■
──────────────────────
【日本を元気にする処方箋】2020年7月1日より新刊を発売!
―個人が変われば企業が変わる。企業が変われば日本が変わる―
増山壽一 著
発行:文芸社 定価:1,100円+税

只今amazonKindle版も発売!)、楽天ブックス等で販売中、全国の書店にも並んでいます。
事務所までご連絡いただいても、ご購入いただけます(サイン付き、送料無料です)
詳しくはこちら

是非、この時代だからこそ読んで欲しい一冊です。
読後の感想も聞かせてください。
office@masuyama-toshikazu.com

【AI(愛)ある自頭を持つ!】も引き続き、全国の書店やアマゾンKindleなどで絶賛発売中!

 

──────────────────────
■ SankeiBiz コラム掲載のお知らせ ■
──────────────────────
産経新聞グループの総合経済情報サイト「SankeiBiz(サンケイビズ)」に増山の記事が隔週掲載されております!

最新号は、
【中小企業へのエール】世界的なマイナス金利  銀行は利子頼らずプレーヤー意識を

また、前号の記事も公開されていますので是非ご覧ください!
【中小企業へのエール】消えたパートナー  外国人の地位保全を急げ

SankeiBiz(サンケイビズ):https://www.sankeibiz.jp/

 

──────────────────────
[増山としかずメールマガジン『日本をもっと強くしなやかにしたい!』]

○今まで掲載のメールマガジンはこちら

【お問い合わせ】
お問い合わせの際はこちらから、または下記メールアドレスまでご連絡くださいますようお願いいたします。
またメールマガジン購読解除はこちらからお願いします。

【発行】
増山としかず事務所
TEL:03-6303-3056
Mail:office@masuyama-toshikazu.com
HP:https://masuyama-toshikazu.com/

Facebookもやっています!

Copyright(C)2020 増山としかず事務所 掲載記事の無断転載を禁じます。
──────────────────────