メールマガジン第131号:「マイナンバーカードと運転免許証との統合の先に見据えるべきこと」

2020年10月29日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

増山としかずの日本をもっと強くしなやかにしたい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.131

 

───────────────────────────
■ マイナンバーカードと運転免許証との統合の先に見据えるべきこと ■
───────────────────────────

現在の菅内閣は仕事師内閣である。
具体的な目標を定め、その目標に向かい官僚組織を総動員し邁進する様は、まさしく仕事師だ。

現下の重要テーマである“行政のデジタル化推進”であるが、その手始めとして、マイナンバーカードと運転免許証との統合を近年中に実現することが明らかになった。

 

結果、財布の中にいつも携帯する運転免許証がマイナンバーカードと一体化することで、財布が薄くなるだけでなく様々な効果が期待できる。

まずは、運転免許更新のため、警察署などに出向かずとも更新ができるようになるであろう。

そして、来年2021年3月からマイナンバーカードの健康保険証利用が一足先にはじまり、普及への大きな後押しになる。

 

ただ今回のデジタル化政策の中で大きく欠けている点がある。

それは「グローバル化」への対応だ。

 

私のマイナンバーカードを見てみると、生年月日は和暦の“昭和”、有効期限は“西暦”、住所氏名は漢字となっている。

また、免許証はすべて和暦で日本語。
健康保険証も同様だ。

 

今後、マイナンバーカードだけで身分証明が可能ならば、是非とも氏名にはローマ字表記、住所もできればローマ字表記を併記でお願いしたい。
そしても最も大事な点は、和暦に加えて西暦も併記することである。

海外にいくと、あらゆる場面で身分の証明が必要になる。
その際に顔写真つきで、住所氏名、年齢が相手にわかるようなカードとして、マイナンバーカードがその役割を持っていれば、パスポートを持ち歩く必要もない。

特に、自動車を運転する際の保険などでは、これまで日本の免許証をあえて英文で法定翻訳しないと、継続の割引が受けられなかったが、免許証の中にローマ字と西暦表記があれば解決する。

 

はんこが必要か否かは確かに大事ではあるが、極めて内向きな議論である。
行政のデジタル化の先にあるのは、グローバルにも通用するようなシステムを作ることである。

まずはマイナンバーカードと運転免許証、そして健康保険証に、ローマ字と西暦表記を併用することを提言したい。

 

──────────────────────
■ ZUVA TV出演のお知らせ ■
──────────────────────
私がコメンテーターとして出演しましたインターネットTV【Zuva TV】の、新しいニュースのお届けです。

お相手は、日本やニューヨークでもアナウンサーとして活動されている“佐々木真奈美さん”。
今回は「半導体産業」を巡り、過去・現在・未来の話へと展開。
是非ご視聴ください!

 

【米中貿易戦争】かつての日本も対立していた!半導体産業を巡る戦い<過去・前編>

【半導体戦争】日米対立の行方は?日本がトップをキープできなかった理由<過去・後編>

【半導体業界】王者IntelをNVIDIAが追い抜く!交代劇の裏側とは?<現在編>

【自動運転・MaaS】intelとFord提携から見る半導体産業のこれから<未来編>

チャンネル登録お願いします!

 

Zuva株式会社 ←こちらもあわせてご覧ください!

 

──────────────────────
■ 新刊お知らせ ■
──────────────────────
【日本を元気にする処方箋】2020年7月1日より新刊を発売!
―個人が変われば企業が変わる。企業が変われば日本が変わる―
増山壽一 著
発行:文芸社 定価:1,100円+税

只今amazonKindle版も発売!)、楽天ブックス等で販売中、全国の書店にも並んでいます。
事務所までご連絡いただいても、ご購入いただけます(サイン付き、送料無料です)
詳しくはこちら

是非、この時代だからこそ読んで欲しい一冊です。
読後の感想も聞かせてください。
office@masuyama-toshikazu.com

【AI(愛)ある自頭を持つ!】も引き続き、全国の書店やアマゾンKindleなどで絶賛発売中!

 

──────────────────────
■ SankeiBiz コラム掲載のお知らせ ■
──────────────────────
産経新聞グループの総合経済情報サイト「SankeiBiz(サンケイビズ)」に増山の記事が隔週掲載されております!

最新号は、
【中小企業へのエール】コロナ後の経済 需要細りIT分析がより重要に

また、前号の記事も公開されていますので是非ご覧ください!
【中小企業へのエール】行政電子化 デジタル庁が真っ先にすべきこと

SankeiBiz(サンケイビズ):https://www.sankeibiz.jp/

 

──────────────────────
[増山としかずメールマガジン『日本をもっと強くしなやかにしたい!』]

○今まで掲載のメールマガジンはこちら

【お問い合わせ】
お問い合わせの際はこちらから、または下記メールアドレスまでご連絡くださいますようお願いいたします。
またメールマガジン購読解除はこちらからお願いします。

【発行】
増山としかず事務所
TEL:03-6303-3056
Mail:office@masuyama-toshikazu.com
HP:https://masuyama-toshikazu.com/

Facebookもやっています!

Copyright(C)2020 増山としかず事務所 掲載記事の無断転載を禁じます。
──────────────────────