メールマガジン第141号:「日本国政府は、『名を正す』べき!!」

2021年6月24日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

増山としかずの日本をもっと強くしなやかにしたい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.141

───────────────────────────
■ 日本国政府は、「名を正す」べき!! ■
───────────────────────────

札幌で働いていた頃、財界の重鎮のある集まりに何度か参加をさせていただいた。
それは、「論語の会」で孔子の教えを皆で読み、議論をするというものでした。
日本の地方都市には、未だにこのような古き良き文化が残っているのだと妙に感動をした覚えがあります。

 

論語の中にあった「名を正す」(正名)という語句が頭の片隅に残っていて、特にここ最近、妙に気になってしょうがない。
これは「名を正す」、即ち(為政者が)【言葉を正す】ということです。

孔子の弟子である子路が孔子に向かって、「もし、衛という国の政治顧問になったら真っ先に何を行うか」と質問をしたところ、孔子は即座に「名を正す(正名)」と答えた箇所です。

 

現代風に述べると、「為政者の言葉が正しくなければ、言葉がしっくり来ない。そうなれば、物事は成功しない。成功がなければ、人々の生活に規律がなくなる。そうなれば、刑罰がうまく機能せず、機能しなければ人々は安心して生活ができない。」

「名不正、則言不順;言不順、則事不成;事不成、則禮樂不興;禮樂不興、則刑罰不中;刑罰不中、則民無所措手足。故君子名之必可言也」

 

緊急事態宣言解除が決まり、飲食店に向けて人数制限やアルコール提供の条件などが都道府県ごとに事細かに決まった後、予約をしていた店からこんな電話がありました。

「ご予約は四名様ですが、政府や自治体からの要請で、形だけで結構ですので二名様一組でご来店ください。席はお隣にいたします。またアルコールの注文は19時迄となっておりますので、追加がある場合はそれまでにまとめて注文した様に形作ってください。」などなど

 

政府のメッセージが正しく伝わらない、あるいはその本質を伝える努力をしていなければ、間違いなく政府への信用、法律規則への信頼が知らず知らずのうちに失われゆくことになるのです。

私は、今そこがまさに心配です。

 

──────────────────────
■ 書籍紹介 ■
──────────────────────
常識や慣習、周りに流されず自分の頭で考えて行動してみたい!
物事の本質を見極める力を身につけたい!
“災い転じて福となす”
Afterコロナを見据えた生き方のヒント

 

日本を元気にする処方箋
選択肢の多い時代に何をすればいいのか、
どう考えればいいのかなどの具体的事例に焦点を合わせた処方箋
発行:文芸社  定価:1,210円(税込)

AI(愛)ある自頭を持つ!
モノの見方の集大成。自らの道を探している人に贈りたい必見の書
発行:産経新聞出版  定価:1,650円(税込)

 

全国の書店やアマゾン・Kindleなどで絶賛発売中!
事務所までご連絡いただけましたら、サイン付き、送料無料でご購入できます!
詳しくは、こちらよりご案内しております。

読後の感想もぜひ聞かせてください。
office@masuyama-toshikazu.com

 

──────────────────────
■ SankeiBiz コラム ■
──────────────────────
○今まで掲載のコラムはこちらから

SankeiBiz(サンケイビズ):https://www.sankeibiz.jp/

 

──────────────────────
■ ZUVA TV ■
──────────────────────
私がコメンテーターとして出演しましたインターネットTV【Zuva TV】ニュースのお届けです。

お相手は、日本やニューヨークでもアナウンサーとして活動されている“佐々木真奈美さん”。
「半導体産業」を巡り、過去・現在・未来の話へと展開。

 

【米中貿易戦争】かつての日本も対立していた!半導体産業を巡る戦い<過去・前編>

【半導体戦争】日米対立の行方は?日本がトップをキープできなかった理由<過去・後編>

【半導体業界】王者IntelをNVIDIAが追い抜く!交代劇の裏側とは?<現在編>

【自動運転・MaaS】intelとFord提携から見る半導体産業のこれから<未来編>

 

ほかにもお役立ち情報満載!チャンネル登録をお願いします。
Zuva株式会社 ←あわせてご覧ください。

 

──────────────────────
[増山としかずメールマガジン『日本をもっと強くしなやかにしたい!』]

○今まで掲載のメールマガジンはこちらから

【お問い合わせ】
お問い合わせの際はこちらから、または下記メールアドレスよりお願いいたします。
このメールは、名刺交換をさせていただいた方にお送りしております。
配信不要の場合は、お手数でございますがこちらより解除をお願いいたします。

 

【発行】
増山としかず事務所
TEL:03-6303-3056
Mail:office@masuyama-toshikazu.com
HP:https://masuyama-toshikazu.com/
Facebookもやっています!

Copyright(C)2021 増山としかず事務所 掲載記事の無断転載を禁じます。

──────────────────────