メールマガジン第40号:北海道⑩~サンマと石炭,イクメン⑭~ハロウィン

2017年09月11日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.40

増 山 と し か ず メ ー ル マ ガ ジ ン

日本をもっと強くしなやかにしたい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月に入り関東では過ごしやすい日が多くなりました。
いっぽう今年の秋雨前線は活発で梅雨に被災されたところでは再び被害が心配されるところもあります。
台風もまだまだ到来することでしょう。
不安定な天候ですが、備えるところは備えて実りの秋をむかえ楽しみたいですね。

増山としかずより、ご挨拶申し上げます。

──────────────────────
■ 北海道 ~ サンマと石炭 ■
──────────────────────

今年も秋刀魚(サンマ)の美味しい旬な季節がやってきました。
今回は、北海道のサンマと石炭の話です。

実はまったくこの二つに接点がないのでは?とお感じなる方が多いでしょう。
しかし、あるのです。それが釧路なのです。

サンマは庶民の味方、秋の味覚として日本人に親しまれています。
その味は広く世界に特にアジアにも広がっています。
台湾や中国では、その味を求めて日本近海まで漁船がやってきて、
そのおかげで日本の漁獲量も減っているとか、頭の痛い問題も出ています。

自ら取りに行くには、さすがに遠いベトナムにおけるサンマはまさには高級魚です。
そんなベトナムに向けて、釧路では、昔からサンマの輸出に根気よく取り組んでこられたのです。

なんで釧路とベトナムが、サンマと石炭でつながる?

そこには石炭があるのです。
釧路には我が国最後の石炭鉱山が今でも存在しているのです。
そして、その採掘技術を残すため、海外から石炭技術者の研修事業を行ってきているのです。

今では、その受入国の中で最大にして最長なのがベトナムからの研修生です。
彼らは、母国ではエリートであり、日本の採掘技術をしっかりと学んで、自国の生産工場につなげているのです。
彼らは、釧路に居る間、当然新鮮なサンマをたくさん食べたことでしょう。
そして人々の温かいおもてなしもうけたことでしょう。

このようなネットワークがあってこそ、ベトナムのサンマブームが沸き起こっているのです。
石炭が繋いだ関係です。

地方のグローバル化と言っても、突然降ってくるわけではありません。
そこには、歴史と、人と人の関係があって初めて多く花開くのです。

 

 

──────────────────────
■ イクメン ~ ハロウィン ■
──────────────────────

今では、日本でも異常な盛り上がりを見せているハロウィン。

そもそもキリストの万聖節の前日10月31日、これは英国のケルト暦の大みそかにあたり、この夜に、悪霊や魔術師たちが、戸外を駆け巡って次の年の予報を超え高に叫び歩いたと信じられたことから生まれた風習です。

パリはカトリックの国ですから、今から10年以上前にはハロウィンなんていってもだれも??という感じでした。
しかし、たまたま、息子の通っていた学校がアイルランド系のカトリックの学校であったこともあり、また、ハロウィン自体がやってみると仮装するほうもお菓子をあげるほうも楽しいイベントなので、学校の一大イベントとなっていったのです。
イスラムの裕福な家庭の子供も、アメリカの外交官の子供も、イタリア人の芸術家の子供もみんな派手に仮装して、「Trick or Treat !!」といって、お菓子をくれないと悪さをするぞ!!と、家庭の玄関先に押しかけるのです。
事前にどの家が同じ学校の家庭か地図が用意されて、要所要所に保護者がちゃんと見守りながら行われました。
そんな今から思えばとっても懐かしいイベントですが、最初の年は、それはそれは、大変で大失敗の数々でした。

まずハロウィンが何かを、私はわからないのです。
他の親御さんに聞いても、やはり実体験がないのでイメージがさっぱりわからない。
みんな、わたしたちの家庭には日本的なお化けを大いに期待してくれていたのです。
わたしは、きっとなんとなく日本のお化け屋敷のようなものに違いないと思いこんだのです。

そこで日本の私の知り合いに、日本の幽霊の衣装、三角頭巾に、白い襦袢、顔から血が出て
目が片方つぶれているようなそういうお面を送ってくれるようお願いしたのでした。

さて当日、他の子供たちは、カボチャのくりぬきランプを片手に、女の子は、魔女というよりお姫さまのようなきれいな恰好、男の子は、マイケルジャクソンやプロサッカー選手のいでたちなどまったく魔女悪霊とは関係ないのです。
その後、我が息子からはものすごく恨まれたことは皆さんの想像の通りです・・・。

ただ救いはその後です。
日本の本物の幽霊がものすごく評判になって、この学校のベスト仮装賞を取ったのです!
そしてみんなからは、「最高に変わっていた」と大変なお褒めを頂き、一躍有名になりました。何が幸いするかわかりませんね。

日本に数多く住んでいる外国人の方々に思いっきり日本のことをやってもらう。そういう機会を作る。
例えばお祭りの担ぎ手など。そして、時にその国々独自の恰好でやってみてもらうなど。真の国際化とは何かを考えさせられます。

2020年東京オリンッピック後の日本が、どうなっているのか。
どういう方向に持ってきたいか、こんな面からも考えていきたいです。

 

──────────────────────
■ 後援会『増山としかずの会』へのお誘い
──────────────────────

日頃より『増山としかずの会』へのご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。
これまで会費無料で後援会を運営して参りましたが、今後も後援会活動を充実させ、
政治活動を続けていくためには、どうしても資金(事務所維持運営費、交通費など諸経費)が必要です。
つきましては今年から増山としかずの活動を資金的にも支えて頂ける個人の方向けに有料会員制を導入する運びとなりました。
年会費は、一口一万円としております。
詳細はホームページをご参照ください
後援会申込書のダウンロードもできます。
今後ともより一層のお力添えを、何卒よろしくお願いいたします。

 

(増山としかず)

 

──────────────────────
[増山としかずメールマガジン『日本をもっと強くしなやかにしたい!』]
・発行:増山としかずの会(中小・小規模事業を元気にする会)
TEL:03-6303-3056/FAX:03-6303-3094
・ホームページ:https://masuyama-toshikazu.com/
・お問い合わせ:https://masuyama-toshikazu.com/inquiry/
・メールマガジン購読解除:http://form.masuyama-toshikazu.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rKhP148GK3TtuEjYqubdY

Copyright(C)2017 増山としかずの会 掲載記事の無断転載を禁じます。
──────────────────────