増山としかずメールマガジン「一隅を照らす光となりたい」第7号

2016年5月10日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.7

増 山 と し か ず メ ー ル マ ガ ジ ン

「 一 隅 を 照 ら す 光 と な り た い 」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新緑の青葉が日増しに色濃くなり、明るい陽光とさわやかな風が心地よい季節となりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
増山としかずの会 メールマガジン第7号をお届けいたします。

─────────────────────────────────────
■ 未来へのビジョン ■  第7話「地方創生に制度の抜本的見直しを」
─────────────────────────────────────

地方創生を真に成し遂げるには、制度の大幅な見直しが必要ではないか。

10数年前には平成の大合併として、国から地方への権限と財源移譲の名のもとに
三位一体の改革がなされました。果たしてこれは成功しているのでしょうか。
国と地方とのお金のやり取りだけでは、地方は真の意味で元気にならないのでは
ないでしょうか。
仕事をどう造るか、人をどう呼び込むか、そして最後に町の発展です。
まち、ひと、しごと、という順番は逆であるべきです。
色々な既存の制度を今一度、地方への傾斜配分という名の下で見直すことが
大事ではないでしょうか。

例えば奨学金です。地方の方が子供を高校・大学まで出しても、子供は卒業後、
その多くは地方に戻ってこない。
現在の学生は、ローン中心の奨学金で卒業時には数百万円の借金を負っている学生が
多いのです。
これでは卒業したら少しでも初任給の高い都会での仕事に就こう、それが無理でも、
より多くの現金収入を得たい、と思うのは当たり前です。
地方に戻る学生にはローンは減免するような制度を設けることで
人の流れを変えるような政策が必要ではと思うのです。

あるいは、これからマイナス金利が続くと東京など大都市圏での地価が上がるでしょう。
他方、大都市圏では今から急速に高齢化が進みます。
大都市に住む土地持ち・家持ちの方が売却して得た収益への課税を地方に移転した場合
減免するような仕組みで、地域に人を呼び戻す。
このような政策が必要です。このことは企業の本社移転でも同じです。

上記は一例です。
これまでの制度は、経済の右肩上がり成長が前提でした。
ただこれからはグローバル経済といいましても地域によって差異が生まれ、
必ずしも皆が同じにはなりません。

そうこうしている間に大都市圏には史上空前の高齢化がきます。

なんとか大掛かりな政策で下りエスカレーターを止める、
いや上りエスカレーターに変えなければなりません。
(増山としかず)
─────────────────────────────────────
■ 今月の足あと(前編) ■
─────────────────────────────────────

今月も日本全国の皆さまにお世話になりました!
5月前半の、増山の足どりを振り返ります。

第1週5/1~7  東京→京都→奈良→石川→東京→鹿児島→山口
第2週5/8~14 東京→岐阜→石川→岐阜→愛知→岡山→島根→栃木→新潟
→福島→栃木→三重
「増山の足あと 一覧」
https://masuyama-toshikazu.com/category/activity/footprints/

─────────────────────────────────────
■ ご支援・ご協力のお願い ■
─────────────────────────────────────

●後援会へご入会いただける方
●ボランティア活動をしていただける方
●増山としかずの政治活動を支える寄附金のご協力を頂ける方
●ポスター掲示場所の提供、掲示をして頂ける方
増山としかずをサポートしてくださる方を募集しています。
公式ホームページ内下記URLよりご連絡をくださいますようお願い申し上げます。

後援会入会申込み
増山としかずをサポートしてくださる方を募集しています。 後援会『増山としかずの会』へご入会いただける方はご連絡をくださりますようお願い申し...

─────────────────────────────────────
■ 編集後記 ■
─────────────────────────────────────
皆さま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?今年はなんと10連休!と
いう方もいらっしゃったとか。新年度で環境が変わった方は、少し慣れて生活が落
ち着いてこられた頃でしょうか。増山事務所もスタッフが増え、にぎやかになって
参りました。リフレッシュして新鮮な気持ちで頑張りたいですね!(莊田)
─────────────────────────────────────
次回増山としかずメールマガジン「一隅を照らす光となりたい」第8号は、
5月25日(水曜日)発行予定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[増山としかずメールマガジン「一隅を照らす光となりたい」]
・発行:増山としかずの会(中小・小規模事業を元気にする会)
TEL:03-6303-3056/FAX:03-6303-3094
・ホームページ:https://masuyama-toshikazu.com/
・お問い合わせ:https://masuyama-toshikazu.com/inquiry/
・メールマガジン購読解除:http://form.masuyama-toshikazu.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rKhP148GK3TtuEjYqubdY

Copyright(C)2016 増山としかずの会 掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━