メールマガジン第83号:「お客様は神様か?」

2018年11月20日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.83

増 山 と し か ず メ ー ル マ ガ ジ ン

日本をもっと強くしなやかにしたい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あちらこちらで街のイルミネーションでにぎやかになってきました
目を楽しませてくれて心も弾みますね。

増山は
先の日本を見据えて頑張ります。

 

──────────────────────
■ お客様は神様か? ■
──────────────────────

この言葉が生まれたのは1961年に、時の演歌歌手・三波春夫さんが宮尾たか志さんとの対談で発した言葉が大きく独り歩きし、今に至った言葉です。

芸人として芸をお客様に披露する際に、お客様が神様であるかのように思って神聖な気持ちで臨まなければならないというのが彼の真意だったようです。
1961年以前には、この言葉自体がなかったことにまず驚きです。

 

そういえば、私が幼いころ町の駄菓子屋さんなどの販売店で働いている人たちは、今よりもっと偉かったような気がします。
額づくような日本的なサービスは、決して日本古来のものではないのです。

それが、時あたかも高度経済成長真っ只中の大量生産大量消費の時代にあり、お客様へのサービスの質の高さでもって競争する風潮の中、すべての企業経営はお客様のためにあるとの「尖った」日本的な考えへと変貌していくのです。

 

そんなことをいうと「アメリカにも『カスタマーファースト(顧客第一主義)』という考えがあるのでは。」と思う方もいるでしょう。
ただ、この顧客第一主義は、お客様の目線に立って経営することが企業利益向上となり、株主や従業員への利益還元や地域経済への貢献につながるという考えなのです。
お客様の目線で考えることは、日本のようにそれ自体が「目的」ではなく、あくまで「手段」なのです。

 

現在の日本ではサービス業の生産性が低く、そしてなおかつサービス業での人手不足、離職率の向上が大きな問題となっています。

お客様が求める日本的なきめ細かいサービスをするとそれに対応できる熟練した従業員が必要になりコストは大幅にかさみます。
そんな中、手塩にかけて育てた従業員がようやく現場に立った時、些細なことで目くじらを立てるモンスター客が従業員に怒鳴り、執拗に苦情を言い、SNSで発散し、挙句のはてには土下座まで強要する。
そんなことに現場はなっているのです。
そして、その従業員はやがて辞めていくのです。

 

是非皆さん、もうお客様は神様という言葉を忘れましょう。
すでに日本は少子高齢社会へと向かっています。
人に何かを欲する前に、まず自分に何ができるかを考えてみましょう。
神様のようなお客様といわれるように。
このような寛容な社会こそがベンチャーを生み育てるのです。

 

──────────────────────
■ SankeiBiz コラム掲載のお知らせ ■
──────────────────────

産経新聞グループの総合経済情報サイト「SankeiBiz(サンケイビズ)」に増山の記事が隔週掲載されております!

第11弾は、
【中小企業へのエール】軽減税率 ルール無力化の風習、イートインにも

是非、ご覧ください!

 

──────────────────────
■ 後援会『増山としかずの会』へのお誘い
──────────────────────

日頃より『増山としかずの会』へのご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

これまで会費無料で後援会を運営して参りましたが、今後も後援会活動を充実させ、政治活動を続けていくためには、どうしても資金(事務所維持運営費、交通費など諸経費)が必要です。

つきましては増山としかずの活動を資金的にも支えて頂ける個人の方向けに有料会員制を導入しております。
年会費は、一口一万円としております。
詳細はホームページをご参照ください。(https://masuyama-toshikazu.com/support/
後援会申込書のダウンロードもできます。

今後ともより一層のお力添えを、何卒よろしくお願いいたします。

 

(増山としかず)

 

──────────────────────
[増山としかずメールマガジン『日本をもっと強くしなやかにしたい!』]
・発行:増山としかずの会(中小・小規模事業を元気にする会)
TEL:050-3736-4056 , 03-6303-3056
FAX:03-6303-3094
・ホームページ:https://masuyama-toshikazu.com/
・お問い合わせ:https://masuyama-toshikazu.com/inquiry/
・メールマガジン購読解除:http://form.masuyama-toshikazu.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rKhP148GK3TtuEjYqubdY

Copyright(C)2018 増山としかずの会 掲載記事の無断転載を禁じます。
──────────────────────