『甦れ!中小企業魂』- 22号:中小企業の理想

増山としかず事務所からのお知らせです。

日刊総合経済紙「フジサンケイビジネスアイ」の連載コラム、増山としかず の『甦れ!中小企業魂』の第22号の紹介です。
フジサンケイビジネスアイ様のご協力で当ホームページでも紹介いたします。

隔週水曜日に掲載されています。
定期購読紙ですが、このほかに都内の一部ファミリーマートでも購入できます。

定期購読紙のお申し込みはインターネット、またはフリーダイヤル0120-34-4646(24時間受付)にてできます。(月額4,320円税込)

『全国の中小企業を“本気”で応援、“本気”で元気にするべく、ペンでも“本気”で情報発信しています。是非、私の思いを読んでください!
そして紙面だけではなく、電子版掲載予定で動いております!』

『甦れ!中小企業魂』第22号 (2017/11/29)
中小企業の理想

 

北海道旭川市に株式会社エフ・イー(Fe)というユニークな会社があります。
この地方は、公共事業の資材をつくるために鉄鋼メーカーが多く存在し、
こちらの会社も元々は鉄工関連のメーカーでした。

それゆえ、会社名を鉄そのものの(Fe)という原子記号にしてしまったのです。
そのものズバリですが、極めてユニークです。しかも外国人にもすぐにわかる社名です。

この会社のユニークな点は、野菜洗浄機メーカーとして、地域を世界的なものにしていったことです。

北海道で収穫されるジャガイモ、長芋などの根菜類を首都圏などに出荷する際に水洗いをしなければなりません。
しかし、人口が減少する北海道で、この作業を行う人手はますますいなくなってきているのです。
まさにこの会社の提供する野菜洗浄機が、選別をするだけでなく、一番面倒な洗浄をして、農家を救い、農産品に付加価値をつけるのです。しかも、最新の技術で、常に洗浄のノウハウをコンピュータのシステムで蓄積していき、向上していることです。この結果、他社の追随を許さないオンリーワンに企業になっています。
そして、この会社のすばらしいところは、それだけはありません。

その思想がもっと突き抜けているのです。
全世界の地球環境保護をうたっていることです。

つまり、汚染土壌の国際的な移動を抑止することで、生態系の保全にも役立つのです。

この発想は島国の日本では、なじみがないかもしれませんが、ASEANや欧州のように、大陸内で共同経済体を作っているとこでは、切実な課題を克服してくれるすばらしい機械なのです。
現に、この機械の引き合いはそういったところから主に来ています。

私は、全国の中小企業を回り、さまざまなすばらしい企業が山のようにあることを知りました。
優秀な企業の方からの相談のほとんどが、
「うちには、かくかくしかじかの優秀な技術がある。ただ、さまざまな苦労があって困っている。そんな中でなんとか売り上げをあげたい、そして海外を相手に商売したい」というある種の漠然とした相談です。

青臭いようですが、今一度、突き抜けるような企業理念は何か、礎を考えてみることが、
中小企業の生きる道ではないかと考えます。